ごあいさつ

塾長 西川幸一 
塾長 西川 幸一

ご家庭に「勉強部屋」はありますか? 

子どもたちは、自分の部屋を「勉強部屋」とは認識していません。なせなら自分の部屋には当然のように、「テレビ」・「マンガ」・「ゲーム」などの遊び道具が盛りだくさんのため、「勉強できる環境」には程遠い状態になっているからです。「遊ぶ」ための部屋で「勉強」できる子どもなんていません。お母さんが「自分の部屋で勉強しなさい!」といくら叫んだところで、子どもたちは勉強できないのです。まず「環境」を整えましょう。

 

つぎに「やり方」です。子ども達が不幸なのは、たいていの指導者は「答え」を教えてくれるだけで、「やり方」は教えてくれないことです。「答え」を教えれば教えるほど、子どもはダメになっていくことを指導者がわかっていないのです。子どもに教えなければならないのは「やり方」です。「答え」にたどり着くためにどうすればよいのかを、子ども自身が自分の脳みそを使って考えなければなりません。

 

勉強とは気づかせて行動を起こさせることです。本人がその気にならなければ、何を語りかけても、指導者の自己満足以外の何ものでもありません。大切なことは、「これで調べてみたら・・・」、「こうしてやってみたら・・・」と教えることです。はじめはすぐに答えにたどり着かなくても、繰り返して練習するうちに、「ここまでは分かったから、このあとどうしたらよいかを聞けばいい。」ということに気づきます。

 

指導者に最も大切なことは、温かい眼差しで子どもを見守り、信じて待つことなのです。

勉強しないのは「環境」と「やり方」が整っていないからです。当塾では「本当に集中できる学習空間」を提供しています。

         お問い合わせは、

☎06-6534-3955

月~土 13:00~21:00

 

 メールは、こちらから

 お問い合わせは、

☎06-6534-3955

月~土 13:00~21:00

 

 メールは、こちらから

塾長ブログ「塾長日記」はコチラ

当塾が「塾ジャーナル2013年7月号」に掲載されました。

上のアイコンをクリックすると、塾ジャーナルの掲載ページにジャンプします。また、下の「表紙」をクリックすると、掲載ページのPDFがダウンロードできます。

スマホからアクセス